熊本の動物病院 | 水前寺公園ペットクリニック

犬、猫、うさぎ、フェレットの治療・診察、
入院規格・ペット保険、熊本の動物病院、水前寺ペットクリニック
トップページお問い合わせお電話はこちら。096-213-7778
私たちの考えクリニック案内診療案内予防ガイドペットと皮膚病入院規格

クリニック案内

診察時間
曜日 午前 午後
休診 15:00〜19:00
9:00〜12:00 16:00〜19:00
9:00〜12:00 16:00〜19:00
休診
9:00〜12:00 16:00〜19:00
9:00〜12:00 16:00〜19:00
第1・3日 9:00〜12:00 休診
第2・4・5日 9:00〜12:00 16:00〜19:00
休診
院長/中田至郎
S44.2.8生
熊本市立桜山中学校 卒
私立真和高等学校 卒
麻布大学獣医学部獣医学科 卒
[所属]
熊本臨床獣医師研究会
エキゾチックペット研究会
理事
日本獣医皮膚科学会
公益財団法人「人と動物の会」
麻酔外科学会
[特技]
剣道
[資格]
中学校教諭一種免許状理科
高等学校教諭一種免許状理科
高等学校教諭一種免許状農業
獣医師免許証(H5.4.1)
[趣味]
エビ鑑賞
家庭菜園
エレベーター完備
明るい受付
カルテはもちろんPCで管理
笑顔のスタッフがお待ちしています!
最新の機器を導入しています
今、人の病院でも取り入れ始めている高度レーザー医療機器を、ペットクリニックでもいち早くとり入れました。
レーザー治療を受けるペットの立場からすると痛みや出血が少ないのが最大の特徴です。同じ外科手術でも痛みがかなり軽減します。
高度医療のためだけでなくイボとりや気になるおでき・避妊・去勢などさまざまな手術・治療に使用できます。
病院の手術の姿勢
当病院では、心拍数・脈拍数・血圧・動脈血酸素飽和度呼吸数・体温・終末呼気ガス濃度・吸入麻酔薬濃度をとりながら、できる限り完全なオペを心掛けています。 皮膚切開はレーザーを使用することによって痛みを軽減し、お腹の中に使う糸のほとんどはPDSU(約2ヶ月程でとける糸)を使用しています。 また、術後はできるだけ早く退院することをモットーにしています。(御自宅のいつもの環境が一番ストレスがなく術後の回復に良いと考えているためです)もちろん、自宅療法に値するまでは病院で24H管理しています。
「リガシュア」は、素早く確実に血管を閉鎖する装置です。 体内に縫合糸を残さないので、術後の異物反応による病気を回避することができます。
また手術時間も短縮されるので、ペットの負担が少なくなることも利点です。
この装置は産婦人科などでも使われていますが、動物病院としては最新技術です。
水前寺公園ペットクリニック
〒862-0941
熊本県熊本市中央区出水1丁目9-20
TEL (096) 213-7778
FAX (096) 213-7779
→地図を開く
  ページ上部へ
Copyright (c) SUIZENJIKOEN PETCLINIC All Rights Reserved.