熊本の動物病院 水前寺公園ペットクリニック

犬、猫、うさぎ、フェレットの治療・診察、
入院規格・ペット保険、熊本の動物病院、水前寺ペットクリニック
熊本の動物病院 水前寺公園ペットクリニック お問い合わせお電話はこちら 096-213-7778
私たちの考えクリニック案内診療案内予防ガイドペットと皮膚病入院規格


猫ちゃんの甲状腺機能亢進症のお食事について・・・

猫の甲状腺機能亢進症とは・・・
中高齢の猫特に12~13才によくみられる、世界で最も多い内分泌障害です。
甲状腺の過形成や腫瘍によって甲状腺ホルモンの分泌量が過剰になり以下の症状がみられます。
症状
○食欲旺盛なのに体重が減る、やせてる  ○心拍数の上昇  ○多飲多尿
○神経質  ○爪が伸びるのがはやい  ○毛がバサバサ

治療しないでおくと心臓や腎臓などに大きなダメージを与え、死に至ることもあります。
日本では、現在5頭に1頭が甲状腺機能亢進症ではないかといわれており、意外と身近な病気です。
治療法
これからの甲状腺機能亢進症の管理法
y/d (ワイディー)
y/d (ワイディー)
甲状腺機能亢進症のしくみ
食事から摂取したヨウ素によって作り出される甲状腺ホルモンが肥大した甲状腺によって過剰に産出・放出されてしまいます。
管理のポイント
ヨウ素の量が制限されたフードを与えましょう

日常の食事で摂取するヨウ素の量を制限することにより、甲状腺ホルモンの産出を減少させることができます。
ヨウ素の摂取量を制限
食事管理の方法
食事の切り替え方
<新たにy/dを始める場合>
 今までの食事にy/dを混ぜて徐々に増量しながら1週間かけて切り替えましょう
食事管理の方法
<現在お薬(抗甲状腺薬)を使っている場合>
開始から1週間 通常の食事からy/dに切り替えます。
同時に抗甲状腺薬は半分程度に減量します
切り替えから1~2週間 y/dだけの食事に切り替わって1~2週間後に抗甲状腺薬を中止
          ↓
定期的な健診(4週間、8週間、6カ月ごと)
以上は1つの例でありすべての猫に適応するものではありません。
獣医師の指導に従うことが原則です。
注意点
Copyright (c) SUIZENJIKOEN PETCLINIC All Rights Reserved.