熊本の動物病院 水前寺公園ペットクリニック

犬、猫、うさぎ、フェレットの治療・診察、
入院規格・ペット保険、熊本の動物病院、水前寺ペットクリニック
熊本の動物病院 水前寺公園ペットクリニック お問い合わせお電話はこちら 096-213-7778
私たちの考えクリニック案内診療案内予防ガイドペットと皮膚病入院規格

狂犬病について


今年も狂犬病の予防のシーズンがやってきました。
初めてわんちゃんを飼われる方などの為に、狂犬病について簡単にお話しします。
狂犬病とは?
犬の狂犬病とは「狂犬病ウイルス」に感染することで発生する病気です。 名前から犬だけが感染するように思われがちですが、私たち人間を含むすべての哺乳類(猫やウサギなど) に感染するため人獣共通感染症と呼ばれています。 狂犬病
感染している動物に噛まれたりすることで、傷口から唾液と共にウイルスが侵入し神経を介して移行しながら脳にまで達します。

症状は?
●異常行動 ●呼吸困難
●けいれん ●麻痺など
これらの神経症状を示します。
狂犬病は潜伏期間が長いため咬まれた後、 しばらくは何事もなかったように生活できていても気付いた時には手遅れになってしまいます。 また、一度発症してしまうと現在のところ明確な治療法はなく、ほぼ100%亡くなってしまう大変恐ろしい病気です。

発生状況
発生状況
1956年以降日本での発生はなく世界でも数少ない狂犬病未発生国(清浄国)となっていますが、 2006年には海外で犬に噛まれ日本に帰国後に発症、死亡した症例もあります。
世界における狂犬病ウイルスの媒介動物は、犬以外の動物でもネコ・コウモリ・タヌキ・キツネなどでも噛まれると感染する恐れがあります。
日本では数種類の動物に対し動物検疫が行われていますが、検疫対象外の動物や不正輸入による持ち込みの危険性が指摘されています。
人・動物の行き来が国際化した現在では狂犬病ウイルスの侵入の恐れは増大しており今後も日本で発生しないとは言い切れません。

わんちゃんの狂犬病の予防接種について
狂犬病予防法より、法律で生後90日以降のわんちゃんには、生涯一回の飼い犬の登録(人間でいうと戸籍をつくる)と、年1回の追加接種が義務付けられています。 予防接種
集合注射といって指定された場所と日時に各自治体で狂犬病の予防接種をうける事もできますが当院では期間にかかわらずいつでも予防接種が可能です。

【病院で予防接種をするメリット】
  • 体重測定など、健康状態をきちんと確認したうえで接種できる
  • 万が一ショックが出た場合でも迅速に対応ができる
詳しくは当院スタッフまで
Copyright (c) SUIZENJIKOEN PETCLINIC All Rights Reserved.