熊本の動物病院 水前寺公園ペットクリニック

犬、猫、うさぎ、フェレットの治療・診察、
入院規格・ペット保険、熊本の動物病院、水前寺ペットクリニック
熊本の動物病院 水前寺公園ペットクリニック お問い合わせお電話はこちら 096-213-7778
私たちの考えクリニック案内診療案内予防ガイドペットと皮膚病入院規格

うさぎさんのTタッチ

Tタッチとは?
1970年代にリンダ・テリントン・ジョーンズにより開発されたTタッチボディーワークは、手や指先を使ってそっと皮膚を時計回りに1と1/4動かすものです。
一見マッサージの手法にも見えるTタッチですが、その効果はマッサージ(もみほぐし、血行を良くする)とは別のものであり、その結果よりも 長期に及ぶものです。手や指先を使ったこれらのTタッチは細胞レベルでの働きかけにより恐怖心・緊張を取り除き、身体の再生機能や細胞認知力を活発化させます。 こういった神経や細胞の活動は、最適な行動や健康状態を誘発するとともに、生物がその本能を超えて新しい行動を学び、考えることを可能とします。
Tタッチは楽しくかつ簡単に学ぶことができ、うさぎさんとの関係をよりよくするものです。人と動物との接点を強くし語り掛け、会話ができ、例えば新しい環境や飼い主にうまく溶け込めるようになります。

Tタッチの効果
【問題行動】
●ふれあい ●給付神、臆病な性格
●噛みつき、足踏みによる警戒音(足ダン)、縄張り意識などを含む攻撃性
●トイレのしつけ ●グルーミング

【健康上の問題】
●病気、怪我や手術後の回復
●加齢に伴う症状、関節炎や気分の変化等
●斜頸
●うっ滞、消化機能の問題
●痛みの緩和
●ショック状態下の救命措置、体温調節
注意点
1) 皮膚を押しながら時計回りに1と1/4週動かしたら、次の場所に移動
   (被毛の上を滑らせないこと)
2) 軽い圧力
   (まぶたあるいはほほ骨)
3) 親指のコネクリョン
   (親指で支える)
4) 呼吸を止めず安定した姿勢を維持
   (手首を曲げない)
また、正面からはやらず、片手を添えてやる、どちらも安心感のため、触れながら体の特徴をとらえ、 施すのではなくリラックスし動物と一緒に時間を過ごすこと、初めての時は、初めての感覚に考えて縮まったり、固まることもあります。 その時は少しの時間(2回円を描くのみなど)でやめてゆっくり長い目でみることです。Tタッチはわざわざ時間をとる必要はなく、 何時間もかけてやらなくてよく時間も場所もその個体によります、無理やりはやらないようにしましょう。

【一般的なTタッチとリフト】
まずTタッチとは?というところから書きましたが、詳しくどのようにやるのか、 など気になる方はどうぞお気軽にスタッフに声をおかけください。

このTタッチは犬、猫、人間にも同じように可能ですよ。
詳しくはスタッフまで
Copyright (c) SUIZENJIKOEN PETCLINIC All Rights Reserved.