熊本の動物病院 水前寺公園ペットクリニック

犬、猫、うさぎ、フェレットの治療・診察、
入院規格・ペット保険、熊本の動物病院、水前寺ペットクリニック
熊本の動物病院 水前寺公園ペットクリニック お問い合わせお電話はこちら 096-213-7778
私たちの考えクリニック案内診療案内予防ガイドペットと皮膚病入院規格

猫の膀胱炎

最近愛猫頻繁にトイレに行くか数が増えていませんか?

もしかしたら膀胱炎を起こしているかもしれません。

症状

  • トイレに行く回数が増える
  • 尿が出づらい
  • 1回の尿の量が少ない
  • トイレ以外の場所で尿をする
  • 血尿
  • 腰やおなかのあたりを触ると痛がる

原因

細菌・真菌の感染
膀胱内に侵入したブドウ球菌や大腸菌などの細菌、あるいは真菌が増殖して炎症
尿結晶
膀胱内の尿結晶や尿結石によって膀胱粘膜が傷つけられる
原因不明の膀胱炎も
感染や尿結晶がないにもかかわらず起こる間質性膀胱炎(特発性膀胱炎)もあります。これは比較的若い猫に見られる、自然治癒と再発を繰り返す膀胱炎ですが、その原因はまだ不明です。

治療

膀胱炎の治療は原因によって様々です。細菌や真菌など感染が原因の場合は、抗生物質や抗真菌剤を投与します。尿結晶や尿結石が原因の場合は、外科手術で除去したり、排泄を促すため膀胱洗浄を行ったりすることがありますが、種類によっては内科的治療で溶かすことが可能です。また食事療法もあります。

予防

水のみ場所を多数設ける。

こまめに水の取り換え新鮮な水をトイレ環境を快適にしてあげる。

定期的に尿検査を!

ただ今猫の健康診断キャンペーンを行っております。ぜひこの機会に愛猫の健康チェックを行ってみませんか? 詳しくはスタッフまで

Copyright (c) SUIZENJIKOEN PETCLINIC All Rights Reserved.