熊本の動物病院 水前寺公園ペットクリニック

犬、猫、うさぎ、フェレットの治療・診察、
入院規格・ペット保険、熊本の動物病院、水前寺ペットクリニック
熊本の動物病院 水前寺公園ペットクリニック お問い合わせお電話はこちら 096-213-7778
私たちの考えクリニック案内診療案内予防ガイドペットと皮膚病入院規格

早期腎臓病診断治療 犬猫にとても多い腎臓病、猫では3頭に1頭も!

腎臓は、再吸収と老廃物の排泄という重要な役割があります。腎臓病とは、老廃物が排泄されず体内に充満した状態、腎機能の低下がみられることを言います。
犬猫にとても多い腎臓病。一生のうちに、猫は3頭に1頭、犬では10頭に1頭が腎臓病になるといわれています。これほど、一般的な病気ですが、早期に発見するのが難しい病気でもあります。

従来の慢性腎臓病 検査

  • 尿比重の低下
  • 血中クレアチニン濃度
  • 血中尿素窒素(BUN)

悪化が発見された時には腎臓の機能の50%~75%の機能が失われないと以上が検出できない

腎臓病の早期診断に役立つ新しい検査“SDMA”によると

腎臓の機能の約40%が失われた段階で検出される

早期に発見できる!

SDMAは、猫では平均17ヶ月、犬では9.5ヶ月早く腎臓病を発見できる可能性があることが血清クレアチニンとの比較でわかっています。
腎臓は一度悪くなったらよくなることのない臓器です。いかにいい状態を維持できるかがポイントとなり、早期に腎臓病を発見することで、腎臓を保護し病気の進行を効果的に遅らせることが可能になります。
さらに、早期から食事を処方食に変更することで腎臓マーカーの安定化できることが証明されています。

健康にみえても定期的な健康診断と毎日食べる食事のコントロールは健康に長く一緒に過ごすためにとても重要です。
いつでもご相談ください。

詳しくはスタッフにお声をおかけください

Copyright (c) SUIZENJIKOEN PETCLINIC All Rights Reserved.