熊本の動物病院 水前寺公園ペットクリニック

犬、猫、うさぎ、フェレットの治療・診察、
ペットホテル(入院規格)・ペット保険、熊本の動物病院、水前寺ペットクリニック
トップページお問い合わせお電話はこちら。096-213-7778診療時間・曜日
私たちの考えクリニック案内診療案内予防ガイドペットと皮膚病ペットホテル(入院規格)

過去のお知らせ/Topics

お知らせ

予防

泌尿器疾患

皮膚関係

歯について

その他

診察時間
曜日 午前 午後
休診 15:00〜19:00
9:00〜12:00 16:00〜19:00
9:00〜12:00 16:00〜19:00
休診
9:00〜12:00 16:00〜19:00
9:00〜12:00 16:00〜19:00
第1・3日 9:00〜12:00 休診
第2・4・5日 9:00〜12:00 16:00〜19:00
休診
水前寺公園
ペットクリニック
〒862-0941
熊本県熊本市中央区
出水1丁目9-20
TEL (096) 213-7778
FAX (096) 213-7779
→地図を開く
お知らせ

ヒルズフードアドバイザー

現在、熊本市では当院のみです!(今だけ)
ヒルズフードアドバイザー

糸を残さない手術を行っております!

可能な限り生体にとって異物である縫合糸を使用しないために、当院ではLigasure (リガシュア)という機材を使用しています。
この機材は、『血管シーリングシステム』と呼ばれる特殊な止血用電子メスで、組織・血管を癒合(シーリング)して切断します。
これにより、安全・確実な血管閉鎖が可能になり、体内に糸を残さずに避妊・去勢手術が実施できます。
詳しくお知りになりたい方や興味がある方はお気軽にお尋ねください。
リガシュア(血管閉鎖システム)

狂犬病の予防接種が始まりました

H24年度の注射済み票と鑑札になります。
病院では、わんちゃんの健康状態を確認して、個室でのお注射となります。
また、お得なバリューパックも実施しております。
詳しくは当院スタッフまでお尋ねください!
熊本市 犬鑑札

新しくノミ・マダニのお薬が出来ました。

・このお薬のポイント
1. ビーフフレーバーで簡単投与
2. 速やかで持続的なノミの駆除と優れたマダニ駆除。
3. 投与を気にせずシャンプーや抱っこが出来ます。
・あげ方は簡単!!
 少量のフードと一緒にあげるだけ!!
※詳しくは、スタッフまで
お薬

フードを購入頂いている方へお知らせ

この度の東日本大震災に被災者の方々、並びにその御親族、関係者の皆様心からお見舞い申し上げます。
皆様がいつもご購入頂いております処方食や維持食、(普段のご飯)が大震災の影響で当院まで入るのが、困難な状況になってくることが予想されます。
出来るだけの対応はさせて頂きたいと思っておりますので早めの御注文を宜しくお願い致します。

ご迷惑おかけいたしますが宜しくお願い致します。

駐車場についてのお知らせ

電車道路沿いの駐車場が2台増えました。
6月1日から駐車番号2番〜6番まで駐車が可能です。ご利用ください。

ブログ(くうねるもんど日記!)リニューアル!

くうねるもんど日記!をリニューアルしました。
お役立ち情報も配信中です。ぜひご覧下さい。
予防

狂犬病について

今年も狂犬病の予防のシーズンがやってきました。初めてわんちゃんを飼われる方などの為に、狂犬病について簡単にお話しします。
【2016年3月】

レントゲン検査DRとは?

健康診断の中には血液検査やレントゲン検査、尿検査などがあります。今回はレントゲン検査についてご紹介します。
【2015年11月】

ネクスガード

人も蚊に刺される機会が増え、愛犬のフィラリア予防はばっちり!という方がほとんどでしょうか?しかし、ノミ・マダニ予防はお忘れではありませんか?
【2015年7月】

パノラミス錠

前回紹介したフィラリア症。今回はそのフィラリア症予防と、外部寄生虫(ノミ・ダニ)、消化管内寄生虫(犬回虫・犬鉤虫、犬鞭虫)まで駆除できるパノラミス錠のご紹介です!
【2015年5月】

フィラリア症

暖かくなりいよいよ予防シーズン到来です!そこで今回は蚊が媒介するフィラリア症についてご紹介します。
【2015年4月】

腎臓サポート

腎臓サポートがリニューアル&新発売しました!!
【2015年1月】

お家でできる健康チェック

わんちゃんも人間と同じで、長生きするためにはで毎日の健康管理が大切です。
【2014年10月】

外耳炎

わんちゃんがしきりに耳をかいたり、後ろ足で引っ掻いたりしていませんか? それは外耳道の炎症性疾患で、わんちゃんで最も多い耳道疾患の外耳炎かもしれません。
【2014年6月】

フィラリア症について

フィラリア症では、フィラリアという寄生虫が蚊を媒介し肺の血管や心臓に寄生することによって起こる病気です。
【2014年4月】

狂犬病について

今年も狂犬病の予防シーズンがやってきました。
初めてわんちゃんを飼われる方などのために、今回は狂犬病について簡単にお話しします。
【2014年3月】

猫のワクチン

ワクチンとは、弱体化させた病原体を接種することで体の中で抗体をつくらせるものです。 これで、感染症にかかりにくくしたり、発症しても軽症で済むようにすることができます。
【2014年2月】

心不全

季節は冬になり、こたつや暖房器具が欠かせなくなりました。
今回は寒い季節冬に注意したい心不全についてご紹介します。
【2013年12月】

猫ちゃんの寄生虫の予防(レボリューション6%)

皆さん、レボリューションというお薬はご存知ですか?
このお薬は、1つで4種類の寄生虫を同時に防げます。
【2013年6月】

犬のフィラリア症

「犬フィラリア症」とは“犬糸状虫”という寄生虫が蚊を媒介し心臓や肺動脈に寄生することで起きます。
【2013年4月】

肛門嚢炎

犬にはイタチやスカンクのように肛門の両脇に悪臭を放つ一対の分泌腺があります。それを肛門嚢と呼びます。
【2013年1月】

血液検査・レントゲン検査について

よく病院にて耳にする血液検査やレントゲン検査ですが、いったいどんなことをするのかを簡単ではありますがご説明します。
詳しくはスタッフまでお気軽にご相談下さい。
【2012年12月】

猫の口内炎

猫の口内炎は、歯ぐきや舌・口腔といった口のなかの粘膜に炎症が起こり、その部分が赤く腫れて、ただれや潰瘍が生じる病気です。
【2012年10月】

猫のフィラリア症

猫にもフィラリア症があることをご存知でしょうか?
犬への犬糸状虫感染が見られる地域では、猫へも感染します。
詳しくはスタッフまでお気軽にご相談下さい。
【2012年9月】

猫のワクチンについて

大切な愛猫ちゃんを様々な病気から守ってあげられるのは飼い主さんだけです。
信頼できる動物病院できちんと接種することをお勧めします。
【2012年2月】

狂犬病と狂犬病ワクチン

狂犬病は発病するとほぼ100%死亡する恐ろしい病気であり、日本が発生していないからといって安心はできません。
飼い主の皆様、年に1回のワクチン接種は忘れずに行いましょう!!
【2012年1月】

フィラリア症とは?

フィラリア症という言葉はよく耳にすると思いますが、どのような病気かご存知ですか?
【2011年6月】

ワクチンとは?

当院では、西日本を中心に熊本でも発生例のあるレプトスピラ感染症を予防していただくため、8種又は9種ワクチンをお勧めしています。
【2010年10月】

狂犬病の記事

夕刊記事より
"ニューヨークマンハッタン地区で狂犬病に感染したアライグマが今年1月から1カ月余りの間に40匹確認され、人が噛まれる被害も出ました。"
一般的に野生動物における狂犬病の疑いのある行動として不自然に人と接触を試みたり、夜行性の動物が日中に現れるなどが見られます。ご注意下さい。
泌尿器疾患

腎不全

飼い主さんの日頃のケアによってネコちゃんワンちゃんの寿命が長くなってきて一緒に過ごせる時間が増えてきていますが、 今回は特に高齢のネコちゃんに多い病気の1つ腎不全をご紹介します。
【2015年12月】

尿路結石症

オスのわんちゃんねこちゃんに多い尿路結石症。放っておくと腎不全を引き起こしさらにひどくなる死に至る意外と怖い病気。日頃の予防が大事になのでご紹介します。
【2014年12月】

ねこちゃんの突発性膀胱炎

愛猫ちゃんに変わった様子はありませんか?
猫ちゃんの病気の中でも多いと言われているのが、下部尿路疾患です。 膀胱炎や、尿石症、尿路感染症、尿道炎などが挙げられます。
【2013年11月】

尿石症について

尿石症は現代のペットの生活習慣病になりつつあります。ここでは、原因と発症後のケアについてお知らせします。
【2011年12月】
皮膚関係

炎症指数CRP

人間の検査でも耳にすることがあるCRP。言葉を話すことのできない動物にとって病気を見つける手がかりになる検査です。
【2016年2月】

ノミ・ダニについて

ノミ・ダニは、動物の被毛や皮膚に寄生する外部寄生虫です。 犬・猫・ウサギはもちろん、 人間もノミ・ダニの被害にあい、様々な感染症を媒介します。ノミ・ダニの活動時期に入りさらに注意が必要です。
【2014年5月】

皮膚のサプリメント

自宅での皮膚病ケアについて掲載します。
【2013年10月】

犬のシャンプー

犬のお手入れで必要なことのひとつに、シャンプーがあります。
これは、健康面と美容面の2つの意味があり、定期的にシャンプーを行うことで、犬の体が清潔に保たれ病気の予防にもつながります。
【2013年8月】

お家でもケアできる皮膚病シャンプー療法

自宅での皮膚病ケアについて掲載します。
【2010年6月】
歯について

デンタルケア

オーラティーン・デンタルジェルにプラスして利用できるデンタルケア製品をご紹介します!
【2016年1月】

歯の病気

犬のかかる病気の中で、最も多いと言われているのが歯に関する病気だということをご存知でしょうか。
【2013年3月】

歯髄コーディング

ワンちゃんの歯は固いと思われている方が多いのですが、実は歯の表面(エナメル質)は人のほうが強く、固いものなどあげると歯が折れたり欠けたりすることがあります。
【2011年10月】

わんちゃんの口腔内について

犬にも人と同様乳歯と永久歯があります。
【2011年9月】
その他

ヒルズ プリスクリプション・ダイエット
シチュータイプの特別療法食が誕生

少しでもわんちゃんねこちゃんに美味しいものをあげたいと、ついつい人のご飯を上げてしまう飼い主さんもいるのではないでしょうか?
【2015年10月】

i/d Low Fat

この夏、低脂肪で膵炎や高脂血症の管理に役立つわんちゃん用のお食事が新登場!今回はi/d LowFatをご紹介します。
【2015年8月】

ベジタブルサポート

野菜に含まれるビタミン類などの栄養素は熱に弱いため、栄養価の損失や風味の低下を防ぐため特許技術を使用した高速低温粉砕を使用しています。
【2015年6月】

犬の骨と関節について

わんちゃんの高齢化、人気犬種の傾向から関節炎を含む運動器疾患は増加傾向にあります。
【2015年3月】

わんちゃんの子宮蓄膿症

避妊手術を行っていないメスの中高年期のわんちゃんに多く発生する病気です。
【2015年2月】

高齢犬について

シニア犬とは何歳からでしょう?老化のサインは人間換算の45歳前後から始まります。
【2014年11月】

食べたら危険!犬猫を襲う中毒

人間にも、ペットにも、生きていく中で様々な危険があるものです。その中でも食べ物の中には危険な物が数多くあります。特にペットには食べてはいけない物が沢山あるのです。
【2014年9月】

今年も増えています!熱中症

わんちゃん、ねこちゃんの熱中症が今年も増えています!!
【2014年8月】

わんちゃんの困った癖

みなさんわんちゃんのしつけや困った癖で悩んではいませんか? よく聞かれる困った癖についてのアドバイスをふまえ、どうぞこの機会に愛犬と一緒にトライしてみてはいかがでしょう?
【2014年7月】

わんちゃんのきもち

わんちゃんにも人間と同じように、うれしい・楽しい・怖いなど気持ちがあり、 顔、体を使って気持ちを表しています。そんなしぐさや行動を理解して、もっとわんちゃんと通じ合ってみませんか?
【2014年1月】

まだまだ要注意!!わんちゃんの熱中症!!

わんちゃん達は、長い短いの違いはありますが、体の大部分を被毛で覆われ、 平均体温も約38.5〜39度と人間の平熱から比べると1.5〜2度ほど高くなっています。
【2013年9月】

命にかかわるマダニ!!

貧血や皮膚炎の原因になるだけでなく恐ろしい病気を媒介するマダニ。
日本に生息するマダニは10種類以上。どんな気候にも適応し、北海道や日本海側、東北を含む全国でその姿を確認することが出来ます。
【2013年7月】

ベジタブルサポート ドクタープラス

この製品は、肝臓に疾患があるコのサプリメントですが、肝臓に疾患があるコ以外にも、 老齢のワンちゃんや皮膚・被毛が気になるワンちゃんにもお勧めのサプリメントです!!!
【2013年5月】

Hill'sからNew減量用フード メタボリックス

多くの飼主さんが自分のペットの「肥満」に気付いていません。
減量をはじめるならメタボリックスを!!
【2013年2月】

ワンちゃんの椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、軽度の場合、投薬治療によって痛みを軽減することが出来ます。
日頃から、ワンちゃんの様子を観察し、少しでも気になること、異変があればすぐにかかりつけの病院で診てもらうことをオススメします。
【2012年11月】

熱中症について

熱中症を予防する為に暑さ対策を万全にし、この暑い夏を乗り切りましょう。
詳しくはスタッフまでお気軽にご相談下さい。
【2012年8月】

猫ちゃんの甲状腺機能亢進症のお食事について

中高齢の猫、特に12〜13才によくみられる、世界で最も多い内分泌障害です。
食事を与えるだけの自然で簡単な治療のサポートをご紹介します。
【2012年7月】

わんちゃん・ねこちゃんの動物病院取扱いおやつ

愛犬・愛猫にどのようなおやつを与えていますか??
現在、様々なおやつがいろいろな所で販売されています。
様々な種類があるからこそ、おやつを選ぶとき悩まれる方も多いと思います。
今回は、当院で扱っているおやつをご紹介します。
【2012年5月】

ノミ・マダニについて

ノミもマダニも様々な病気をもってきます。そんな病気から大切なワンちゃんや猫ちゃんを守る為には、定期的な予防が大切です。
【2012年3月】

ワンちゃん、ネコちゃんの高齢期について

高齢になって増えていく病気は早期に見つけることが大切です。少なくとも半年〜1年に1回は定期的な健康診断を行いましょう。
【2010年11月】

熱中症について

いよいよ夏本番です。熱中症を予防する為に熱中症を知り「暑さ対策」を万全にし、愛犬も飼い主さんも元気に夏を乗り切りましょう!!
【2010年8月】
ページ上部へ
Copyright (c) SUIZENJIKOEN PETCLINIC All Rights Reserved.