熊本の動物病院 水前寺公園ペットクリニック

犬、猫、うさぎ、フェレットの治療・診察、
入院規格・ペット保険、熊本の動物病院、水前寺ペットクリニック
熊本の動物病院 水前寺公園ペットクリニック お問い合わせお電話はこちら 096-213-7778
私たちの考えクリニック案内診療案内予防ガイドペットと皮膚病入院規格


尿路結石症

オスのわんちゃんねこちゃんに多い尿路結石症。
放っておくと腎不全を引き起こしさらにひどくなると死に至る意外と怖い病気。
日頃の予防が大事になのでご紹介します。
尿路結石症とは??
膀胱・腎臓・尿管・尿道など、尿の通り道に結石や結晶ができて排尿しにくくなったり、ひどい場合には排尿できなくなる病気です。
外見の変化
原因
はっきりとした原因はまだわかっていませんが、
  • 細菌感染による膀胱炎・尿のpHがアルカリ性や酸性に傾き過ぎ
  • 尿中に排泄されるマグネシウムやリン、カルシウムなどのミネラル成分の増加
  • 水分摂取量が少ない・遺伝、体質、泌尿器の形状
  • 食事
が起因すると考えられています。
なりやすい犬種
ミニチュアシュナウザー トイプードル ビションフリーゼ コッカースパニエル など

症状
  • 赤い尿がでる、血が混じっている
  • 何回もトイレにいく
  • いつもと違う場所での排尿
  • 排尿しようとしても尿が出ない
  • 陰部をしきりに舐める気にする
  • 排尿するときに痛がる
  • お腹を触ると痛がる
  • 食欲不振
症状
さらにひどくなると、尿道閉塞を起こしこの状態が続くと腎不全を起こし、元気がなくなり、 嘔吐、痙攣などの神経症状を現すようになり、死にいたることもあります。
この病気はオスでもメスでも発生しますが、オスの方が尿道が長くて細いため、尿道閉塞を起こすリスクが高くなります。 尿が完全に出なくなって24時間以上経つと腎不全を起こし、生命にかかわります!!
予防
尿路結石は再発しやすい病気なので、予防が大事!!!
予防には・・・
  • 適切な食事管理する
    結石の成分となる物質を制限して、尿のpHを結石のできにくい範囲にする。
  • 十分な水分摂取
    水を絶やさない、数カ所に置く、水をこまめに変えて新鮮な水を置く
  • トイレを常に清潔にする
    快適な排尿を!!
  • 定期的に尿検査をする
予防

詳しくはスタッフまで

Copyright (c) SUIZENJIKOEN PETCLINIC All Rights Reserved.