熊本の動物病院 水前寺公園ペットクリニック

犬、猫、うさぎ、フェレットの治療・診察、
入院規格・ペット保険、熊本の動物病院、水前寺ペットクリニック
熊本の動物病院 水前寺公園ペットクリニック お問い合わせお電話はこちら 096-213-7778
私たちの考えクリニック案内診療案内予防ガイドペットと皮膚病入院規格

カーミングシグナルとは…

犬はボディランゲージを使ってメッセージを出します。

“カーム”は落ち着かせる、静めるなどを意味する言葉。

相手に「落ち着いて」「攻撃しない」「怖いよ」「遊ぼう」などのメッセージを出す時に

耳・口・しっぽなどを使って、分かりやすいサインで相手に伝えます。

しっぽの動き

・左右に勢いよく振る

→気持ちが高揚し、とても嬉しい

→警戒している時も

・下げて穏やかに振る

→嬉しいor様子を伺っている

・股の間に入れる

→とても不安で恐怖を感じている

口元の動き

・犬歯を見せて険しい顔つき

→不快、してほしくないことに対する警告

※耳が立っている時は要注意!!

飛びかかってくることがあるので、

目を合わせないようにする。

・軽く噛む、甘噛みをする

→相手の事を受け入れ遊びに誘っている

目の動き

・相手からプイっと目を逸らす

→相手と関わる気持ちがない事を表している

・相手をじっと見つめる

→相手の様子を伺い、関わる気持ちがある

耳の動き

・耳を立ててある方向を見る

→気になる音がして聞こうとしている

・耳を倒す

→怖い時にする表情

→嬉しい時や、なだめる時も

四肢の動き

・後ろ足を曲げて体勢を低くする

→嬉しくて関わりたい、遊びたい

・前足を突っ張って動こうとしない

→そちらの方向に行きたくない

動きたくない

※散歩の時に動こうとしない時は体調が優れない場合も。

無理に歩かせないで散歩を切り上げて!

舌の動き

・舌を出してハアハアする

→暑い時に体温下げる行動

汗腺が少ないので舌で体温調節!

・飼主の口元をペロペロ舐める

→相手を受け入れる気持ちがある時の挨拶

病気のサインを見逃さないで!!

  • 食欲がない
  • 動きがおかしい
  • 目の異常
  • 吐く
  • 体を触ると痛がる
  • 肥満
  • 下痢
  • 被毛や皮膚の変化
  • 元気がない
Copyright (c) SUIZENJIKOEN PETCLINIC All Rights Reserved.