熊本の動物病院 水前寺公園ペットクリニック

犬、猫、うさぎ、フェレットの治療・診察、
入院規格・ペット保険、熊本の動物病院、水前寺ペットクリニック
熊本の動物病院 水前寺公園ペットクリニック お問い合わせお電話はこちら 096-213-7778
私たちの考えクリニック案内診療案内予防ガイドペットと皮膚病入院規格


熱中症について

いよいよ夏本番です。人だって嫌になるような暑さ。もちろん、ワンちゃんやネコちゃんだって、この暑さを感じています。
熱中症を予防する為に暑さ対策を万全にし、この暑い夏を乗り切りましょう。
汗をかけないワンちゃん・ネコちゃん
皆さん、ワンちゃんやネコちゃんがどうやって体温調節しているのかご存知ですか?
ワンちゃん・ネコちゃんは四肢の肉球(パッド)以外には「汗腺」がありません。従って、気温がどんなに上がっても、人のように汗をかいて体温を下げることが出来ません。 その為、熱を冷ます為にワンちゃんは“開口呼吸”(口を開けてハァハァと息をすること)による放熱で、ネコちゃんは、涼しい場所を見つけ、体温を極力上げないように、だらりと伸び、時々体をなめたりしてしのぎます。
「熱中症」とは?
蒸し暑い室内や車内での留守番、暑さが厳しい中での散歩やお出掛け等が原因で起こります。
「熱中症」は、体温の上昇や極度の脱水状態がみられ、早急に対処しなければ、命にも関わります。
「熱中症」の主な症状
  • 大きく口を開けてハァハァ息苦しそうにする。
  • ヨダレをたらしたり、泡を吹いたりする。
  • フラついて倒れる。
*ひどい場合は、失禁・嘔吐・下痢・痙攣 等がみられる場合もあります。
かかりやすい犬種
パグ、フレンチブルドッグ、シーズーなどの鼻のつぶれた短頭種、シベリアンハスキーなどの北方原産のワンちゃん。
太り気味のワンちゃんも要注意です!!
夏のお散歩の実態
夏の直射日光にさらされたアスファルトの表面温度は日中70℃にも達します。
そうなると、太陽からの日射のエネルギーがアスファルトから空気中に伝達され、空気温度(気温)が上がります。
又、マンホールのふたの上はパッドが火傷する危険性があります。
では、どのようなことに注意すればいいのでしょうか?
対策と注意点
◎室内でも室外でも温度に注意する。
  • 室外―動ける範囲に、必ず“日陰”があるようにしたり、風通しの良い場所に犬舎などを置いたりする。
    (それでも暑そうなら、昼間だけでも室内に入れる。等)
    また、飲み水は十分確保し、1日2回くらいは、新しい水に取り替える。 等
  • 室内―風通しのいい場所に移動できるスペースを広くとってあげるようにしたり、ペット用のクールグッズを利用したりする。
    留守中はカーテンを閉め、直射日光を防ぎ、送風やドライモードをつけるなどして、室内の温度が上昇しないように心掛ける。等
    (冷えすぎにも注意!)
◎散歩時間と場所
  • 時間―日中の散歩は避け、「早朝」又は「夜」の散歩に切りかえる。
    (おススメ時間帯 早朝~6:30、7:00まで。夜18:00~を目安に。)
  • 場所―なるべく、草や土の上を歩かせ、アスファルト・マンホールは避ける。
*又、こまめに水を飲ませたり、何かあった時の為に、お散歩バッグの中にアイスノンなどを持っていくのもいい。
◎その他
  • 車内に1人きりにしない。
  • シャンプーした後、毛が濡れていると水分はお湯になるので、しっかり乾燥させる。
  • サマーカットにする。
☆愛犬が、熱中症にかかりやすい体質か一度血液検査でチェックすることをおススメします。
最後に、“クールグッズ”をいくつかご紹介します。
等  いろいろなものがありますので、自分のワンちゃんやネコちゃんに合うものをみつけられるのもいいです。
Copyright (c) SUIZENJIKOEN PETCLINIC All Rights Reserved.