熊本の動物病院 水前寺公園ペットクリニック

犬、猫、うさぎ、フェレットの治療・診察、
入院規格・ペット保険、熊本の動物病院、水前寺ペットクリニック
熊本の動物病院 水前寺公園ペットクリニック お問い合わせお電話はこちら 096-213-7778
私たちの考えクリニック案内診療案内予防ガイドペットと皮膚病入院規格

今年も増えています!熱中症

 わんちゃん、ねこちゃんの熱中症が今年も増えています!!
熱中症とは?
 暑熱環境に対する体の適応が限界に達し、体温の上昇や脱水症状が見られる状態を指します。 蒸し暑い室内やエアコンの不十分な車内でのお留守番時、日中の散歩や外出時に熱中症にかかる子が多いようです。
症状
 以下のような症状が見られる場合は要注意!!
  • 大きく口を開けたはぁはぁという呼吸、呼吸困難
  • 体温の上昇
  • よだれをだらだら垂らす、泡を吹く
  • 意識の低下、呼びかけへの反応低下
  • けいれん
  • 嘔吐、下痢、吐血、下血、血尿
  • チアノーゼ(舌が紫になる)
症状
 ひどくなると呼吸困難やショック状態に陥り、亡くなることもあります。
熱中症になりやすい犬種、猫種
  • 短頭種(パグ、フレンチブルドック、ペキニーズ、ブルドック、ペルシャなど)
  • 北方出身(セントバーナード、シベリアンハスキー、メインクーンなど)
  • 若齢、老齢、肥満、病気療養中の犬猫
  • 長毛種
  • 興奮しやすい性格
  • 普段から脱水傾向にある犬猫
熱中症になりやすい犬種、猫種
熱中症を疑う症状が見られたら
  • 体を冷やす
    → 全身に水をかけ、保冷剤を股の部分など動脈が通っているところにあてる
  • 意識があり水を飲む場合は水分補給を
    → 内臓にダメージが生じている場合もあるため、早目に病院を受診しましょう!
予防と対策
【家庭で】
  • 風通しがよく熱がこもらないスペースの確保
    → 屋外の場合、日陰は時間とともに移動するので要注意
  • 冷房の使用
    → 扇風機だけでは不十分な場合もあります
  • ケージ、サークルの位置
    → 直射日光の当たる場所、高温になる場所は避ける
  • 湿度の管理
    → 湿度が高いとよりリスクは上がります
  • 新鮮な水をいつでも自由に飲めるようにする
    → 水飲み場を増やしたり、こまめに取り換えるようにしましょう

  • 対策グッズの使用(一例)
予防と対策
予防と対策
【外で】
  • 車に乗せるときは、温度や風通しをチェック
    → クーラーをつけていても、直射日光が当たったり、クーラーのあたりにくいところでは温度が高くなる可能性があります
  • キャリーケースのなかが高温になり移動中にぐったりすることもあるので保冷を
  • 散歩は朝夕の涼しい時間に
最近は、外出先からスマートフォンで家の中の様子(動画)や温度・湿度をチェックできるセンサーも発売されているようです。
人間も動物も熱中症に気を付けて、快適な夏を過ごしましょう!!
Copyright (c) SUIZENJIKOEN PETCLINIC All Rights Reserved.