レントゲン検査 DR とは?

11月はわんちゃんの健康診断のキャンペーンです!!
健康診断の中には血液検査やレントゲン検査、尿検査などがあります。
今回はレントゲン検査についてご紹介します。

当院は熊本で唯一デジタルレントゲンを採用しています

レントゲンの進化

レントゲン

レントゲンといったらお医者さんがレントゲンフィルムを光にかざすシーンを思い浮かべませんか?
従来のレントゲン撮影は、直接フィルムに撮影しこれを現像して画像を得ていました。
しかし現在は、レントゲン撮影の主流はフィルムからデジタルへと移行しています。
1990年代後半ごろからフィルムの代わりにレントゲン情報をイメージプレートに記憶させ、 これをスキャンしてコンピューター処理により画像を得る“CR”が普及しました。
さらに近年では、撮影と同時にデジタル画像が得られるDR”が登場しています。

DRとは

“DR”装置とは、X線テレビ装置にデジタル画像処理コンピューターを組み合わせた装置です。
消化管造影検査、整形外科など多目的は検査に対応し高画質な画像を即時に提供することができます。

i/dLowFatの特徴

レントゲン
  • スピーディーな撮影
  • 安定した画像
  • 劣化しない
  • 新画像を作成し、各種検討することができる
  • 撮影時のX線の被爆量を大幅に減らせる
  • 低いX線量でも高い画質を実現

ペットにも飼主様にも優しくなりました。詳しくはスタッフまで

SNS Share