熊本の動物病院 水前寺公園ペットクリニック

犬、猫、うさぎ、フェレットの治療・診察、
入院規格・ペット保険、熊本の動物病院、水前寺ペットクリニック
熊本の動物病院 水前寺公園ペットクリニック お問い合わせお電話はこちら 096-213-7778
私たちの考えクリニック案内診療案内予防ガイドペットと皮膚病入院規格

歯髄コーディング

ワンちゃんの歯は固いと思われている方が多いのですが、実は歯の表面(エナメル質)は人のほうが強く、固いものなどあげると歯が折れたり欠けたりすることがあります。
今回、歯が欠けてしまったワンちゃんの歯の修復を行いました。

  左図は処置前の状態です。
  これからどのように修復していくか見ていきましょう!

1.歯石除去

まず歯石の除去を行います。
この際に破損した歯が取れかかっていましたので、破損した歯を取り除きました。

2.歯髄部分の洗浄

露髄部分の洗浄をしっかりと行います。

3.水酸化カルシウム製剤の注入浄

  水酸化カルシウム製剤(ダイカル)は、歯髄の保護のために使用します。
  この2つを混ぜ合わせ、歯髄の上にのせます!
  左図は、歯髄の上に水酸化カルシウム製剤をのせている段階です。肌色に見えるのが水酸化カルシウム製剤です。

4.エッチング

  エッチングとは、歯質にボンディング剤が付きやすくするための処置です。
  左図はエッチング中です。
  ピンク色に見えているところがエッチング剤をのせているところです。
  これは酸性なので、口の粘膜につかないように注意して使用します。

5.ボンディング

  ボンディングとは、歯と次に使用するレジン(修復剤)が接着しやすくするための処置です。

6.コンポジットレジン充填

  レジン(修復剤)の充填です。
  これは、何もしない状態では全然固くはないのですが、光重合(左下図)を行うことにより固くなります。
  最後に歯の研磨を行い、完成です。

修復前 修復後

  キレイになりましたね☆
  ワンちゃんも喜んでお家に帰っていきました!お疲れ様です!

Copyright (c) SUIZENJIKOEN PETCLINIC All Rights Reserved.
Copyright (c) SUIZENJIKOEN PETCLINIC All Rights Reserved.