熊本の動物病院 水前寺公園ペットクリニック

犬、猫、うさぎ、フェレットの治療・診察、
入院規格・ペット保険、熊本の動物病院、水前寺ペットクリニック
熊本の動物病院 水前寺公園ペットクリニック お問い合わせお電話はこちら 096-213-7778
私たちの考えクリニック案内診療案内予防ガイドペットと皮膚病入院規格


外耳炎

 わんちゃんがしきりに耳をかいたり、後ろ足で引っ掻いたりしていませんか? それは外耳道の炎症性疾患で、わんちゃんで最も多い耳道疾患の外耳炎かもしれません。
こんな行動してたら外耳炎かも!?
  • しきりに耳をかく
  • 床などに擦り付ける。
  • 頭を振る
 またべとべとした耳垢、悪臭もでてきます。
 炎症が慢性化すると、皮膚が肥厚し、 外耳道がふさがれてしまう場合もあります。また外耳炎が悪化すると、炎症が奥に広がり中耳炎や内耳炎をおこすこともあります。
原因
 外耳炎を引き起こす原因は様々です。細菌や真菌が耳垢に繁殖することによって起こる場合や、 耳ヒゼンダニが寄生することによって起こることがあります。またアトピー、アレルギー、 自己免疫疾患などの全身性の問題で起こる場合もあります。
なりやすい犬種

○垂れ耳

ダックスフンド、ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー、アメリカンコッカ―スパニエル など

○アレルギー性皮膚炎を起こしやすい犬種

シェルティ、マルチーズ、シーズー など

○毛が多い犬種

プードル、シュナウザー など

治療
 外耳炎の治療は耳の洗浄が効果的ですが、あわせてその原因を取り除くことが大切です。細菌や真菌の場合、抗生物質や抗真菌剤を用います。 耳ヒゼンダニの寄生が原因の場合は、駆除薬を投与したり、また皮膚病の場合はその治療を行います。外耳炎は慢性化、 再発しやすい病気なので根気よく治療をすることが大切です!
予防
 日頃から耳のチェックを家でも行い、耳垢がたまってないか確認。
 また病院にて奥まで確認しこまめに毛抜き。
 耳ダニ予防薬をする。
Copyright (c) SUIZENJIKOEN PETCLINIC All Rights Reserved.